知育に最適な玩具といえば・・積み木!

知育に最適な玩具といえば、積み木!

知育玩具に最適な積み木

積み木は発育に応じた遊び方が出来るので、教育施設や子育て中のご家庭で利用されています。知育玩具に最適な積み木について、いくつかご紹介いたします。もう、知育玩具といえば!っていう感じですね。色や形、色んなバリエーションがあって楽しめるのが積み木のよさです。

積み木の良さとは

積み木は子育てに必要な知育玩具といわれています。遊べる年齢層が広く、シンプルだけど遊びの世界が無限に広がるおもちゃです。適度な重さのある積み木は、手触りの発育を促します。手や指先の訓練になり、物をしっかりつかむことを覚えます。木特有の温かみや、木目の美しさも魅力です。好奇心や想像力を刺激し、五感を使って考える力を養います。また積み木は丈夫で長持ちしますし、壊れても直すことができます。自発性を育て豊かな心を育む積み木は、子育てや教育に生かせる知育玩具ではないでしょうか。

積み木の選び方

積み木の選び方ですが色遊びとして使うならカラー積み木、想像力を育むなら白木がおすすめです。色を認識して名前を覚える色遊びは、2、3歳から楽しめるようになります。また触る、舐める、噛む、崩す、投げる、振るなど五感で遊ぶ1歳前後から、白木積み木を与えても大丈夫です。最初の積み木はシンプルで大きめの物をそれから成長に応じて買い足していくのがおすすめです。また形状は直方体、立方体、円柱、三角柱などがあります。はじめは立方体や直方体など、積みやすい積み木セットを選んではいかがでしょうか。

発育に応じた遊び方

積み木は成長に応じて遊び方も変わってきます。1歳は積み木を高く積んだり、現実には目の前にない物を想像する、見立て遊びをしたります。また自分が作った作品に名前をつけることも多いです。2歳になると積み木遊びする時間が長くなります。見立て遊びや、生活習慣の再現であるごっこ遊びも活発になります。建物や乗り物などを作って遊ぶことが多くなります。3歳は対称形のパターン遊びが出来るようになります。また複雑な幾何学模様を作って遊ぶこともあります。4歳では積み木を使った遊び方が多様化し、様々な積み木を組み合わせて遊べるようになります。

トイサブは知育玩具を、毎月定額料金でお届けするサービスを行っています。認定ベビートイインストラクターが厳選したおもちゃは、発育に応じた最適なおもちゃです。芸術教育に最適なおもちゃや、先進のおもちゃが子育てを大きくサポートいたします。使い終わったおもちゃは毎月返品出来るので、お試し用として利用することも出来ます。積み木や知育玩具の選び方にお困りの方は、ぜひお試しください。

トイサブ!詳細はこちら

Related post

  1. US仕入れの知育玩具、おもちゃを紹介

ブログアーカイブ

カテゴリ