幼児向け

英語教育は何歳から?重要性とメリット、学習方法を解説!

2022/09/29



お子様を持つ方の中には、「我が子に幼少期から英語を教えるべきか」「どのように英語を教えたらよいのか」という悩みや疑問を持っている方も多いのではないでしょうか。グローバル化が進む現代社会において、幼少期からの英語学習は将来的に役立つ可能性が高いと言えます。

当記事では、幼少期から英語教育をする重要性、メリット、注意点、および年齢別の教育方法や楽しく英語を学ぶ方法について解説します。幼少期の英語教育ついて知りたい方はぜひ参考にしてください。

1.幼少期からの英語教育の重要性

英語教育を幼少期から行うことが重要な理由は、主に次の2つが考えられます。

小学校において、外国語の教科が採用されているため
現在日本の学校におけるカリキュラムでは、2020年より小学校3・4年生は「外国語活動」、5・6年生は「外国語」という教科が採用されています。小学校からスタートする外国語の授業に備えるには、幼少期からの英語教育がよいと言えます。

出典:文部科学省初等中等教育局 情報教育・外国語教育課「新学習指導要領全面実施に向けた 小学校外国語に関する取組について」

TOEICなどのスコアがあることで入学や就職に幅が利くため
吸収の早い幼少期から英語を学ぶと、TOEICや実用英語技能検定(英検)といった試験で高いスコアを獲得できる可能性が高まります。TOEICでの高いスコアは大学進学や就職といった場面において役立ち、将来の選択肢が広がるでしょう。

2.幼少期から英語を学ぶメリット

幼少期から英語を学ぶメリットは、主に次の3つです。

英語に触れる時間を増やせる
英語を習得するには、約3,000〜10,000時間必要と言われています。早くから英語に触れ、長く英語と付き合うと、より英語に強いお子様に成長することが期待できます。
英語への抵抗感が少なくなる傾向にある
吸収の早い幼少期から英語に触れることで、英語学習に対して「勉強」という意識が芽生えにくく、抵抗感を持たずに英語が学べる可能性が高まります。
「英語耳」や「英語脳」が発達すると言われている
幼いころから英語に触れると、「英語耳」や「英語脳」の発達が期待できます。英語耳や英語脳の発達によって、ネイティブの英語を聞き取れたり、英語を英語のまま理解したりすることに長けたお子様に育ちやすくなるでしょう。

2-1.幼少期の英語学習の注意点

幼少期に英語学習を行う際は、次の点に注意しましょう。

楽しんで学ぶ
遊び感覚で楽しく英語学習をすると「英語は楽しいもの」というイメージがつき、より積極的に英語学習を進めてもらいやすくなります。
さまざまな英語学習ツールを使用する
英語の歌やゲームのような、さまざまなツールを通して学ぶことで、多角的な面から楽しく英語を学んでもらえるでしょう。
名前を呼んで、目を見て褒める
学習中に何度もお子様の名前を呼び、目を見てしっかりと褒めることで、英語に対するポジティブな記憶を作れます。

3.英語教育はいつからするべき?年齢別の英語教育の方法

英語教育を開始するのによい時期は、3〜7歳ごろだとされています。理由は、3〜7歳ごろの時期は人間の耳が急速に発達すると言われているためです。また、1〜3歳ごろに英語の発音に触れておくことも重要です。1〜3歳ごろは英語の発音を自然に吸収しやすい傾向があります。

まずは、幼児期における英語教育の具体的な方法を0歳から年齢別に解説します。

3-1.0~2歳の英語教育

0〜2歳ごろは、音を利用した英語学習をするのがよいとされています。0〜2歳ごろのお子様は聴覚が優れているとされているためです。具体的には、次のような方法で学習を進めましょう。

  • 英語の音声が流れるおもちゃで遊ぶ
  • 英語のCD音声を聴く
  • 海外の映画やアニメをテレビで流す
  • 歌詞が英語の音楽を流す

0〜2歳ごろは、しっかりと集中して何かを学ぶ領域に入るにはまだ早い時期だと言えます。そのため「本格的に英語の意味を理解する」というより、「日常の中にさりげなく英語を交える」ということを目標に英語学習を進めるのがポイントです。

0〜2歳ごろのお子様は、まだ日本語も吸収段階であることに注意が必要です。日本語と英語を同時に話していると、英語の日本語の区別がつかずお子様が混乱し、言語の発達が遅れる可能性があります。2歳までのお子様に英語を教える場合は、日本語と英語を同時に使って話すのは避けたほうがよいでしょう。

3-2.2~4歳の英語教育

2〜4歳ごろになったら、英語が楽しいと感じる内容の教育を積極的に取り入れ、英語にポジティブな印象を持ってもらうことを心がけましょう。

英語にポジティブな印象を持ってもらうために、次のような方法で学習を進めるのがおすすめです。

  • 英語の歌を一緒に歌う
  • 英語の歌でダンスを踊る
  • 英語の絵本や雑誌を一緒に読む
  • 食事や遊びの時間に英語のCDを流す

3-3.5歳~の英語教育

5歳以降になると、日本語が母国語として確立してくるので、英語を今まで以上にしっかりと学べるようになります。しかし、突然英語教材を用いて本格的に学ばせようとすると、苦手意識が芽生える原因につながります。4歳までと同様に、楽しく学んでもらうことを意識しましょう。

具体的には次のような方法を用いて、遊び感覚で英語学習を実践することが大切です。

  • 語のお遊戯やアクティビティを行う
  • 英語の歌を一緒に歌う
  • 英語のゲームで遊ぶ
  • CDやアプリを通して、英語を繰り返し耳に入れる
  • 英語の絵本を一緒に読む
  • 家族内での会話に時々英語を取り入れる

また、日本人だけでなく英語圏の人と実際に会話をすることで、英語力の向上が期待できます。家庭内で英語を楽しく学ぶ時間を確保しつつ、英会話教室やカルチャースクールに通い、英語でのコミュニケーションや多文化交流の機会も増やすのがおすすめです。

4.英語を自宅で楽しく学ぶ方法

お子様に英語を好きになってもらうには、自宅で少しずつ英語と触れ合い、楽しく学べる環境が大切です。「英語は楽しい」という意識を持ってもらう上では、大人も一緒になって楽しむことが欠かせません。楽しそうな大人の姿を見ることで、お子様も自然と「楽しい」と感じるためです。

お子様が自宅で楽しく英語を学べる手段には、次のようなものがあります。

絵本を読む
絵本を繰り返し読むと英語と挿絵のイメージが結びつき、英語力の向上が期待できます。まだ英語に慣れていない場合は、文章が長すぎず難しすぎない絵本もおすすめです。
ビデオやアニメを見る
英語のビデオやアニメを用いることで、楽しく英語学習を進めやすくなります。YouTubeであれば無料でまとまった動画がアップロードされているので、よりお子様に見せやすいでしょう。ビデオやアニメで学習する際は、視聴を強制してはなりません。お子様自身が「楽しい」と感じながら学習することが大切です。
オンライン英会話を利用する
オンライン英会話は自宅で学べるので、移動の時間や手間がかかりません。利用の際は、英語教師の国籍や指導法がお子様に合っているのかを確認しましょう。お子様にとって相性のよい教師を選択することで、お子様が英語に対してストレスや苦手意識を感じずに楽しく学べます。
知育玩具で遊ぶ
知育玩具を用いることで、楽しみながら英語が学べます。知育玩具で遊ぶ際は、さまざまな遊び方ができるアイテムを選ぶのがおすすめです。お子様が飽きにくくなるほか、遊び方を工夫することでお子様の想像力アップも期待できます。

まとめ

幼少期から英語指導を行う際は、お子様が苦手意識を持たないよう、楽しく学ぶことが大切です。お子様に英語教育をする場合、知育玩具・おもちゃの定額レンタルサービスもおすすめです。知育玩具を用いることで、楽しみながら自然と英語を身につけられます。

おもちゃの定額レンタルサービス「トイサブ!」では、英語を学べる知育玩具を用意しています。多様な知育玩具の中から、知育玩具のスペシャリストがお子様の成長に合った知育玩具をプランニングします。常に新しいおもちゃを手元に置くことで、おもちゃで楽しく遊びながら英語教育がスムーズに進むことが期待できます。汚れや破損については原則弁償不要なので安心してご利用いただけます。お子様の英語教育に、ぜひ「トイサブ!」をご検討ください。

おもちゃのサブスク「トイサブ!」のおもちゃを贈る